黒く笑え

文芸評論家川本直のBlog

連載『日記百景』第8回 日本近代文学のもうひとつの可能性  太田静子『斜陽日記』

連載『日記百景』更新されました。今回は太宰治の『斜陽』の原型となった太田静子の『斜陽日記』を取り上げました。「日本近代文学のもうひとつの可能性」というタイトルですが、従来の男性中心の日本近代文学観への批判です。

今回の原稿の、特に結部を書くにあたって、嶽本野ばらさんの多くのエッセイ、高原英理さんの『少女領域』、嵯峨景子さんの『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』、西原志保さんの『『源氏物語』女三の宮の〈内面〉』がヒントになりました。記して感謝します。

全然関係ないですが、『ゾンビランドサガ』面白いですね。1話は3回、2話は4回観てしまった。

 

www.kaminotane.com